即日融資とは|即日融資SPEED

即日融資とは?

最近のカードローンでは「即日融資」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?カードローンを利用したことがある方なら、すぐにこの言葉の意味はお分かりになると思います。が、カードローンにあまり関心の無い人や、「これからカードローンを利用してお金を借りてみよう!」と考えている方の中には、「即日融資って言葉は分かるけど、具体的には何なの?」と首を傾げてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

即日融資は「スピード審査&スピード融資」

 

今日のカードローンにおいては、消費者金融はもとより、銀行カードローンにおいても即日融資がひとつのウリになっていると言ってよいのです。強いて言えば、「即日融資ができないカードローンは徐々にカードローン市場から淘汰されていく」と言ってもよいくらい、即日融資は今のカードローンのトレンドになっているのです。そして、「即日融資ってどういう意味なの?」との質問に答えるなら、正に読んで字の如く「カードローンに申し込んだその日にお金が借りられる!」と言うことなのです。即日融資の早いところなら、最短40分くらいですぐにお金が借りられます。さらに言えば、そのような素早い融資が可能になった背景には、審査のスピードがとても早くなった事実を挙げられるのです。なぜなら、審査が早くなればなるほど、融資までに要する時間が短くなるからです。そのことから、審査スピードが早いカードローンだと即日融資が可能になると考えてよいのです。そして、審査スピードが早くなった理由としては、「審査のコンピューターによる自動化」が進展したことを指摘できます。以上のことから、即日融資とは詰まる所、「スピード審査&スピード融資」のカードローンのことと言ってよいのです。

 

即日融資はコンピューター化による恩恵!

 

今日のカードローンの申込みでは、インターネットを利用した「ネット申込み」が主流になりつつあると言ってよいでしょう。そして、ネット申込みとコンピューター化された審査とをダイレクトにつなげることによって自動審査のスピードは増し、コンピューターによって入力された個人情報を瞬時に判断して融資可能かどうかを振るいにかけていきます。たとえば、消費者金融では、このコンピューターによる自動審査はたった数秒で終わり、長くても数十秒となっているところが多いのです。さらに、ネット申込みからコンピューター審査を経て融資まで、すべての流れをネット上で完結させることで融資全体のスピードの底上げを可能にしています。加えて、上記のように、審査のスピードが著しく向上したことで、申込みから審査までWEB上で早く済ませて、時間がかかるその後の手続きについても無人契約機や「テレビ窓口」を利用して即座に契約を済ませて、その場でカードローン専用カードの発行もできるようになりました。すぐにカードが発行されれば、コンビニATMなどで即日にキャッシングできますよ!加えて、融資方法をネットバンキングにすれば、審査完了後たった10秒で指定の銀行口座へのお金の振込みが可能となるカードローンもあります。以上のように、即日融資が可能となった背景には、「カードローンの目覚しいコンピューター化」といったことがあり、即日融資とは「コンピューター化に基づくお金の貸付」と言い換えてもよいものとなっているのです。