即日融資の選び方|即日融資SPEED

即日融資!銀行?消費者金融?どちらがいいの?

即日融資を利用する場合は、まず「即日融資に対応しているカードローン」を選ぶことが大前提になります。その上で、銀行にするか?消費者金融にするのか?と迷うことはあると思います。銀行でも消費者金融でも、どちらを選んでも大きな間違いはないと思いますよ。しかし、即日融資可である事は大前提として、その上で特定の借入ニーズがあるのなら、銀行を選ぶのか消費者金融を選ぶのかによって大きな違いは出てくると言えますね。

 

即日融資可能な銀行がいいの?消費者金融の方がいいの?

 

「即日融資が可能」との前提で、銀行がいいのか?消費者金融の方がいいのか?との質問には、一概にどちらの方が良いとは言えないのです。なぜなら、各利用者の借入ニーズによって、銀行カードローンの方がおススメとなったり、あるいは消費者金融の方がベターであったりするからなのです。その一方で、即日融資に加えてトータルメリットで選ぶなら、即日融資の銀行カードローンの方に軍配が上がると言ってよいでしょう。その理由としては、まず銀行カードローンなら金利が低いからなんです。具体的に言うと、即日融資が可能な三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は年4.6〜14.6%、三井住友銀行カードローンだと年4.0〜14.5%、そしてみずほ銀行カードローンなら年4.0〜14.0%といった、低金利で借りられるからです。他方で、即日融資可の消費者金融のプロミスだと年4.5〜17.8%、アコムは年4.7〜18.0%といったように、明らかに消費者金融の方が金利が高めとなります。そして、金利が高いと即日融資を受けた後の返済で金利負担が重くなってしまいますよ。また、融資額についても銀行カードローンなら500〜1000万円となりますが、消費者金融では500万円までとなります。そして、銀行カードローンなら、100万円や200万円までなら本人確認書類のみで融資を受けられるのもメリットと言えるでしょう。消費者金融では、50万円以上の借入額だと必ず本人確認書類に加えて収入証明書の提出が必要になるので、その分だけ手間が増えてしまいます。

 

「借り易さ」で選ぶなら消費者金融に軍配上がる!

 

一方で、いかに即日融資が可能であっても、お金を借りられなければなんの意味もありませんよね?そうなると、即日融資が可能で、できるだけ審査が簡単でやさしくて借り易いところが良い事になります。そして、その点で考えると、即日融資可能な消費者金融カードローンの方がいい!と言うことになるのです。一般的に消費者金融の審査は、銀行の審査よりもやさしめで柔軟と言われています。そして、消費者金融を利用した人の口コミ情報を見ても、「銀行の審査はダメだったけど消費者金融の審査には通って即日に融資を受けられた!」といった体験談は多いのです。逆に「消費者金融はNGだったが銀行の審査には通れた!」といった体験談はほとんどありません。さらに言えば、即日融資可の消費者金融の審査なら、安定収入さえきちんと確保していれば、他の申込み条件に多少難があっても審査に通してくれます。それは消費者金融の融資姿勢が「まずお金を貸してみよう!」といったものになっていると考えられるからなんです。一方で、銀行の審査の場合は、申込者の信用力や返済能力に少しでも難点があると審査に通してくれません。そのことから、銀行の審査では安定収入の有無に加えて、年令・勤務先・職種・勤続年数・年収・固定電話の有無などの様々な個人属性もしっかり調べて、申込者を総合的に審査するので必然的にクリアすべき審査のハードルが高くなって厳しくなってしまうのです。そのことから「より確実に即日融資でお金を借りたい!」とのニーズなら、銀行よりも審査が緩めで柔軟な消費者金融の即日融資可のカードローンがいいと思いますよ。